iphoneのポータブル充電器はどれがおすすめ?

こんにちは、タケシです。

今回は、iPhone(スマホ)のバッテリーがすぐなくなって困っている方へ

どこでも、持ち運んでiPhoneを充電できる

便利なモバイルバッテリーをご紹介します。

以前、購入したモバイルバッテリーが

表示容量の半分位しか実容量が無く

使い物にならなかった経験から

色々選んで実際に使ってみて

金額と性能のバランスの良い物を

ご紹介します。

モバイルバッテリー(ポータブル充電器)とは

簡単に言うと、充電式のスマホ用充電器です。

容量も小さいものだと1000mAh位から

大きなものだと30000mAh位までいろいろあります。

利用方法と容量、価格などで選び方もいろいろです。

iPhoneが1回から2回位の充電ができればいいのであれば

3000~5000mAh位

ipadなどのタブレットも充電したいなら

10000mAh以上の物が良いと思います。

最近はかなり軽くなっていますが

容量が少ない方が軽くなるので

持ち運びと充電回数のバランスで

選ぶのがおすすめです。

表示容量の意味

モバイルバッテリーの販売説明で

○○○○mAhというのがあります。

例えば、10000mAhと言うのは

1時間に10000mAの電流が出力できる

バッテリーという意味です。

ここで注意しなくてはならない点があります。

モバイルバッテリーで表示されている

10000mAhと言うのは

内蔵されているリチウムイオンバッテリーの容量の事です。

これは10000mAhの容量を持つ

リチウムイオンバッテリーが

中に入っているという事なんですが、

このリチウムイオンバッテリーの電圧は3.7Vです。

でも、USB充電で出力される電圧は

5.2Vになりますので、

モバイルバッテリー内部で電圧を上げていて、

実際は最大で10000mAh分は出力されない事を

考慮しておかなくてはなりません。

さらに、リチウムイオンバッテリーは

0%まで放電すると、劣化しますので、

劣化防止対策で、ゼロまでは放電されませんので

これも考えておくとよいでしょう。

おおよその目安として、

表示容量の70%前後が

実容量と考えておけば良いと思います。

10000mAhなら7000mAh位になります。

充電したい機器と充電可能回数

例えば、充電したい機器がiphone6sだとします。

1715mAのバッテリーが入っているので

0%~100%まで充電するのに

必要な容量は1715mAとなります。

10000mAhのモバイルバッテリーで

何回充電できるか計算すると

10000×0.7÷1715=4.08回となります。

上の計算式の 1715 をタブレットや

ほかのスマホのバッテリーの数値に換えれば、

大体の充電回数が出ると思います。

用途によるおすすめのモバイルバッテリー

スマホ用で持ち運び重視で、外出先で利用したい場合

サイズと重さが優先で2回位の充電でも良い方向け

132g iPhone6を2.5回充電可↓↓

これでもiphone6なら2.5回フル充電できるので

普通に使用するのであれば

1日位の外出であれば間に合うと思います。

出力も2.4A出ますので

タブレットも充電できますが、

容量が少ないのでipadだと

1回のみで70から80%位充電できると思います。

もう少し大きい容量が欲しい場合は

192g iPhone6を3.5回充電可↓↓

10000mAh以上ありますので

スマホなら余裕ですね。

ipadなどでもフル充電が

1回できて少し余る位になります。

ipadやアンドロイドのタブレット用、自宅でタブレットやスマホを利用している

部屋の近くにコンセントが無い場合

245g iPhone6を4回充電可↓↓

自分の場合、寝る前に使う時は、

これを使ってiPhoneの充電が減ったら充電しています。

おすすめは容量が10050mAhのものですね。

これだけあると、タブレットの充電などにも使えますし

画面が大きくなったスマホにも対応できます。

軽さにこだわらなければこちらが良いでしょう。

どうしてこのモバイルバッテリーがいいの?理由は?

理由1.価格がお手頃

大容量の割に金額がお手頃で買いやすいという事です。

本来ならモバイルバッテリーを持ち歩きたくないのですが

iPhoneのバッテリー劣化などで

充電が持たなくなって

モバイルバッテリーが必要となるので

できるだけ金額が安物がいいですよね。

理由2.性能が良い

このモバイルバッテリーは、

内蔵のリチウムイオンバッテリーに信頼性があり

実際に計測実験すると、

表示通りの容量をもった

バッテリーが内蔵されています。

以前、違うメーカーの物を購入したのですが、

表示容量の半分以下と言う

粗悪な物を購入したことがあります。

このメーカーのモバイルバッテリーでは

公称値の70%位はあり

ロスを考慮しても

十分に優秀だと思いました。

粗悪品は10000mAhと言っていましたが

実際には53%程度しか使えませんでした

これは、昇圧回路とバッテリーのセル(内蔵されている電池単体)

の性能の良さが違う事になります。

現在、値段もだいぶ安くなってきていますので、

まだ、お持ちでない方は

用途に合わせて使ってみると良いでしょう

iPhoneの内蔵バッテリーがすぐに無くなってしまう場合

自分で交換する方法の記事はこちら

モバイルバッテリー本体の充電

モバイルバッテリーへの充電は小さい方は6.3時間かかり、

大きい方で8時間かかります。

使う前に充電する必要がありますが、

内蔵バッテリー劣化を防ぐためには

100%充電した状態で保存するのは禁物です。

放電については安全回路で0%までは放電ませんから

長期保存する場合は、満タンと空っぽ状態を避けて

80%前後充電して保存すれば問題ありません。

完全放電を避けるために、半年に1回位は

充電を確認し、減っていたら80%位まで充電しましょう。

毎日使う場合は100%充電して

その日に使えば大丈夫だと思います。

モバイルバッテリーを充電する注意点

特に危険なのは100%充電したあと

温度が下がる状況になった時です。

バッテリーは温度によって充電できる

容量が増えたり減ったりします

温度が高い所で100%充電して

その後温度が低くなった場合は

過充電に近い状況になって

劣化を早める可能性があります。

ですから、使う場所での温度差が大きくなる場合は

90%位の充電で止めておいた方が良いでしょう。

この点はiPhoneの充電が90%までは急速で

その後はゆっくりの充電になる事でも

わかるとおもいます。

寿命を延ばしたいのであれば

100%充電をしない方が

劣化しにくくなるわけですね。

iPhone(スマホ)の充電方法

出力が1.0Aと2.1AのUSBがついている場合

2.1Aにつないだ場合

充電時間が短縮される可能性があります。

急速充電ですね。

ですが、これは時間に余裕が

無い場合に使う方が良いでしょう。

普通は1.0Aの方を使った方が

バッテリーに対する負担が減ります。

これは、どんなバッテリーでも同じなのですが

ゆっくり充電した場合と急速で充電した場合

バッテリーの劣化に違いが出るのですね。

できるだけゆっくり時間をかけて充電した方が

バッテリーに負担がかかりません。

時間がある場合はゆっくり充電しましょう。

こうする事でiPhoneの内蔵バッテリーに対する

負担も減らせます。

iPhoneのバッテリーの劣化の調べ方はこちら