住宅ローンの危険性

こんにちは、タケシです。
今回は住宅ローンを組もうとしている方へ、メリットとデメリットをお話しします。

アパートの家賃がもったいない

住宅を購入しようとしている人の多くは賃貸住宅に住んでいると思います。

毎月の家賃と2年ごとの更新料など、何も残らないのにもったいないという人が周りに多くいます

たしかに、そういう考えもありますが、一方的に賃貸が無駄という事もありません。

その理由を以下に記載します。

住宅ローン

まず、住宅ローンですが、大体35年ローンになると思います。

住宅金融公庫などで低金利で借りられますが、35年の金利を計算すると

大体、購入金額の倍くらい支払う事になります。

例えば2000万円借り入れて、4000万位の総支払額になります。

この事をしっかり認識しないと、2000万の金利を払うというデメリットが消えて

賃貸住宅の家賃がもったいないという事だけを考えてしまいます。

住宅ローンの持ち家のメリット・デメリット

住宅ローンの持ち家メリット

住宅ローンを払っていても、自分の持ち家という気持ち的な満足感

建物や間取り、庭など自分の好きなように変更したり増築したりできる。

住宅ローンの持ち家デメリット

35年ローンだと、もう一軒買える位の金利を払う必要がある。

固定資産税などがかかる。

地震など災害時に復旧に自己負担でお金が必要。

経年劣化による老朽化にも自己資金で修復が必要。

ローン中は、持ち家と言っても担保になっているので、支払いができなくなれば

取られてしまいますし、競売にかけられるようなことになれば、信じられない位安く

買い取られてしまいますので、ほとんどの場合借金が残ります。

つまり、支払いができなくなった場合を考えると、賃貸住宅より、かなりリスクが大きい事になります。

35年の間、全く病気もせず、失業もせず、給料も今より多く取りづつける事ができる保証があるのであれば全く問題ありませんが、そこまで未来を予想するのは、不可能でしょう。

賃貸住宅のメリット・デメリット

賃貸住宅のメリット

家族の増減や、収入の増減に合わせて、いつでも引っ越しでき支払い金額を柔軟に変更できる。

固定資産税、相続税や遺産相続時のいざこざが無い

職場が変わっても柔軟に移動可能

災害などで家が壊れても大家さんが負担するのでノーリスク

経年劣化による修復の負担も無い

賃貸住宅のデメリット

どんなに長く家賃を支払っていても、自分の物にはならない。

自分の好きなように、外装や建物を改造したりできない。

住宅ローンの持ち家と、賃貸住宅についてのタケシの考え

個人的な意見ですが、圧倒的に住宅ローン付きの持ち家の方がリスクが大きいと考えます。

現金購入であれば全く問題ありませんが、ローンが付くという事は

予期せぬ出来事が起こるかもしれない長い期間に、支払義務、災害時のリスク、病気やケガなどで収入が減るリスク、経年劣化の補修など、リスクの方が多い気がします。

実際に知人で、住宅を購入してすぐ離婚をして、家自体の意味が無くなってしまったけど、売りたくてもローンが残るという感じで、どうにもならない状態になっている人を知っています。

住宅ローンであるなら せめて10年以内に支払い完了できるように頭金を用意する、または給料から支払って10年以内に完済できるような金額の物を選ぶ方が良いと思います。

一般的に持ち家は、一生の夢みたいなものですから、買いたいのも分かりますが、

30年以上のローンを組むのは、不確定要素が大きいためリスクが大きいと思います。

賃貸住宅の場合 いくら家賃を支払っても、自分の物にはなりませんが、先に記載した通り、

災害、経年劣化や、収入減少時の対応、家族の増減に応じた住まいの変更、仕事による引っ越しなど、あらゆるリスクに柔軟に対応できると思います。

まとめ

10年以内にローンを完済できるなら、持ち家

そうでない場合、賃貸住宅に住みながら、頭金をためるなどして10年以内に完済できる住宅を買うのがお勧めですね。

人生は予期せぬ出来事が起こりますので、柔軟に対応できる状態にしておくのが一番良いのではと思います。

メルマガではブログで話せない特別な情報も配信!

収入アップや自分の成長ができるようになる情報をお届けします!

無料メルマガ購読はこちらへ

不要なら即解除OK!