疲れ目とドライアイ対策

こんにちは、タケシです。
スマホやパソコンなど目を酷使していますが、目が疲れやすくしょぼしょぼしてしまっています、こんな場合の対処法でかなり楽になる方法です。

疲れ目

眼は、水晶体を動かすことで、網膜に移す映像を調整しています。対象物との距離に応じ水晶体の厚みを変えて焦点を合わせますが、この調節をしているのが水晶体のまわりにある筋肉です。

近くを見るとき毛様体筋が収縮して水晶体が厚くなるので、近くを見続けると筋肉の収縮が続くことになり、毛様体筋が疲労します。

これが疲れ目で、目が重い しょぼしょぼする 頭痛 吐き気などのを伴うことがあります。

原因

疲れ目の原因は、目の酷使もありますが、コンタクトレンズや眼鏡を使っている人もそうなりやすい傾向にあります。

さらに、疲れ目の多くの人がドライアイになっているのですが、そうなっているのがわからない人が多い状況です。

眼科に行くと、瞼の下に小さな紙を挟んでドライアイの検査をしますが、これが結構つらい検査です。

ドライアイになると

眼がごろごとしたり、いつも眼が乾燥したような違和感が出てきます。

自分のこのドライアイと、疲れ目、乱視などがあり、目の症状が出ていてつらいです。

タケシ流 疲れ目&ドライアイ対策

まず、お風呂に入った時に、タオルをお湯で温めてから良く絞り、目の上から温シップします。時間は5分位です。これで、目の血行を促進し疲労物質が流れて疲れが取れます。

目薬は普通のものでは無く、乾燥に対して効果のあるものを使いますが

普段、頻繁に使う目薬は、刺激が無く涙と同じ成分の水分補給用を使います。

これを使っています。同じ成分でクール感が違うだけです。

コンタクトレンズを装着しているときの不快感、目のかわきに効果があり。
栄養成分ブドウ糖配合。エネルギー源となるブドウ糖は涙にも含まれており、目の
新陳代謝を促進し、疲れた瞳に効果をあらわします。

この目薬の使用感は、目がごろついている時などに使うと、目の乾燥感が減ります。

さらに、血管収縮剤が入っておらず、涙にとても近いので使った後に副作用的な物が感じられません。

回数もあまり気にしなくて使えるため、安心して使えます。

次は、乾燥に有効な成分が入っているため、乾燥感がひどい場合に使っている物はこれです

涙の働きを補う
高粘度保水成分が涙の蒸発を防ぎ、うるおい感が持続する
角膜にうるおいを留め、乾燥によるダメージから守る
涙にも含まれるミネラル成分を補給
目やにや、ほこりを洗い流す
すべてのコンタクトレンズ装用中に使えます。
ソフト ハード O2 使い捨て
コンタクトレンズを装着されていない方もご使用いただけます。
防腐剤無配合:防腐剤(塩化ベンザルコニウム、ソルビン酸カリウムなど)無配合

この目薬の使用感は、とにかく結構な時間目に潤いが残ります

うるうるした感じがしばらく残りますので、乾燥感がひどい場合に使っています。

涙が出たときにうるうるする感じが目の感想を防いでいる実感ができます。

この2種類の目薬がコスト的にも効果的にも結構いいと思って使っています。

まとめ

疲れ目はドライアイの原因になっている

コンタクトレンズ、メガネを使っている人の多くはドライアイ

ドライアイ対策はお風呂で温シップと効果の違う2種類の目薬で完ぺき

さらにできれば目の休む時間も作りましょう。