商売を繁盛させて事業を成功させる法則

こんにちは、たけしです。

今回は、個人法人の事業主(社長)

が絶対にやらなければならない事です。

事業に絶対に必要な物

事業とは、顧客の求めるものを提供して、

満足を与える事ですが

この事に絶対に必要な事、

事業主がやらなければならない事が有ります。

事業をしている人に質問があります、

あなたの仕事は何ですが?

これに、何と答えるでしょうか?

私は本屋です、私は中古車屋です、

私は床屋ですと答える人は多いのではないでしょうか?

事業をやっている事業主が

本当にやらなければならない事

これをやらなければ事業が発展、

成長していかないものがあります。

それが、マーケティングです。

本来、事業主はマーケティングをしなければならないのです。

本屋の社長なら本のマーケティングですし、

中古車屋の社長なら中古車のマーケティングです。

本を売ったり、中古車を売るのは社員に任せて、

社長はそれらのマーケティングを全力でやる必要があるのです。

マーケティングとは

売ろうとしている商品を買いたいと思っている人を見つけ、

その人たちとコミュニケーションする手段を得る事です。

例えば、ピアノ教室を開いているとします。

ピアノを習いたいと思っている人を探します。

その人に自分のピアノ教室で習うと

こんなメリットがあるという事を説明します。

ピアノを習いたいと思っている人が、

何でピアノが習いたいと思っているかを考えると

単にピアノの曲が好き

学校で目立ちたい

音楽の先生になりたい

ピアニストになりたい

作曲家になりたい等

ピアノを習いたいと思っている人でも、

なぜピアノを習いたいかの理由が異なります。

この本当の理由をわからなければ、

その人に生徒になってもらう事が難しくなります。

例えば、作曲家になりたいのであれば、

ピアノ+作曲の技術も習える教室が価値が高いでしょうし、

学校で目立ちたいのであれば、

学校で演奏される曲を早く

弾けるようになるという教室がより価値が高くなります。

このようにお客さんごとに本当に求めている事を把握し、

その問題を解決する一番いい方法が、

自分の教室であるという事をアピールできる事が必要になるのです。

業界で1位になっている会社は

例外なくこのマーケティングが一番上手いのです。

地域で一番の会社も地域でのマーケティングが一番上手いのです。

あなたもこのマーケティングが上手くなることで、

自分のビジネスをより大きくし発展させることができるようになります。


扇動マーケティング

マーケティングは

あなたのビジネスに大きく変化をもたらします。