プリウス20型(2代目)中古で買った結果と注意点とは?

こんにちは、タケシです。

先日、故障した11型プリウスの代わりに購入した、

20型プリウスについてです。

プリウス20型の中古を

買おうとしている方への参考に記載します。

ハイブリットバッテリーの寿命の記事はこちら

中古で購入した20型後期プリウス

走行距離が4万キロ弱、

年式は2006年式になります。

20型の後期、

グレードは1.5Sツーリングセレクションです。

見つけたのは↓↓のサイトからです。
愛車無料査定も『カーセンサーNet』

20型プリウス 前期と後期の見分け方

フロントのエンジン前の空気が入る部分の

真ん中のバーが銀メッキになっていると後期です。

ツーリングセレクションは

車体下に空気抵抗低減のカバーが付いていますので、

後ろのバンパーの下に黒いカバーが付いていれば、

これで判別できます。

20型プリウス実燃費

まず気になる燃費ですが、

通勤往復46キロで、

リッター最高で26.1キロ位です。

エアコンだとあまり変化はありませんが

暖房だとリッター24キロ位まで落ちます。

近場のチョイ乗りメインだと

さらに落ちると思います。

今回の車はツーリングセレクションなので、

タイヤが多少大きく燃費は落ちますが、

走りは安定している感じで、

スポーツ的な走りになっているような気がします。

アルミホイールのデザインが、

プリウス純正アルミの中では一番かっこいい気がします。

20型プリウスのトルクと馬力

内装はベージュ色で、前の11型が

グレーでしたので、気分が変わって良い感じです。

走りですが、11型に比べて

パワーがアップしているのがわかります。

モーターのトルクや馬力がアップしていますが、

特に低域での最大モータートルクが11型は35.7kgfに対し、

今回購入した20型は40.8kgfと1割アップしています。

20型プリウスの静かさ

あと、走行中のエンジンオンオフが、

いつやっているかわからない位に静かになりました。

モーターのみで走る距離がかなり増えたと思います。

20型プリウスのエアコン

エンジンをかけなくてもエアコンが効きます。

効きも良く、燃費もほとんど変わらないので

暑がりの自分には最高です!

20型プリウスに乗ってみて気になる点

気になった点は、

停止直前に動力が切れるような、

一瞬カクンと言う感じになります。

これについては、最近は感じなくなりました

エンジンコンピューターが学習したせいでしょうかね?

普通の止まり方になった感じです。

20型プリウス加速

今となってはすでに4代目が出ているので

古くなってしまった20型ですが。

モーターは全年式のプリウスで最大の物が付いているらしいので、

トルクがとてもあります。

グィーと引っ張って行ってくれる加速は癖になってしまいますね。笑

10年前のプリウスですが、まだまだ燃費もいいので、

しばらくは活躍しそうです。

一度プリウスの燃費や走りを体験すると、

次回もプリウスになってしまいますね。

乗った事の無い方はわからないかもしれませんが、

変速機のないスムーズな加速はとても爽快です。

モーター走行の静かさ、

信号待の無音は、今までの車の感覚と違い

新鮮に感じられる事は間違いありません。

プリウスを中古で買う場合の注意点

もし、プリウスに乗ってみたいと思っている方は、

10年前のプリウスでも上記を体験できますのでお勧めです。

プリウスは故障しにくい車だと思いますが、

もしもハイブリッド系が故障した時は

高額な修理費用が掛かりますので、

必ず中古車保証を付けられる物を購入する事をお勧めします。

出来れば3年のトヨタのロングラン保証

または、中古者販売用の保証を付けてください。

この保証は、走行距離が無制限で消耗品以外

ほぼ全ての部品を保証してくれます。

(ただし1回当たりの修理費用が購入金額が上限になります)

これであればハイブリッドバッテリーなど

高額な物が故障しても交換対応してもらえます。

今回購入したプリウスは、走行距離が少ないので、

できる限り長く乗ろうと思います。

結論として 中古の20型プリウスは

買っても損はないという事になりました。

中古の20型プリウス燃費とタイヤの関係

購入時古めのタイヤ8分山が付いていたので、

もったいないのでそのまま乗っていましたが

ウオンウオンというロードノイズが耳障りになってきたのと

雨の時の安全性を考え、

前の2輪のみタイヤを新品に交換

グッドイヤーが標準という事でトヨタディーラーで交換したのですが、

燃費が約1割向上しました。

もし後ろの2輪も変えれば2割向上するのか??

音も静かになり、乗り味もマイルドになりました。

燃費アップと静音にはグッドイヤーがお勧めです。

ちょっとフワフワに感じますが、

街乗りなのでちょうど良い感じです。

現在燃費は通勤利用、

冷暖房無しで27.7キロを達成しています。

中古の20型プリウスのタイヤ空気圧

前後とも2.5k入れています。

燃費アップの為には

高速道路用の空気圧がおすすめです。

多少ゴツゴツしますが

プリウスに乗るなら

やはり燃費を良くしたいと思うはず。

タイヤの空気圧が低いと

1割位は燃費が落ちますので

少し高めに入れましょう。

ガソリンスタンドで入れるのも

良いのですが

こまめに自分で入れるほうが

安定した空気圧を維持できます。

自動車のタイヤ空気入れの記事はこちら

購入したプリウスはカーセンサーで見つけました。

価格や年式など好みの車が見つかりやすいですね。

愛車無料査定も『カーセンサーNet』