パソコンフリーズの原因の特定方法と直し方

こんにちは、タケシです。

パソコンが使用中にフリーズする時、

原因を特定する方法です。

パソコンがフリーズ

パソコンを操作していて、

マウスがカチットフリーズして、

何も操作が効かなくなってしまいました。

その時は特に何も作成していたわけではなかったので、

被害はありませんでしたが、

書類作成などしていた時は、

保存していなかった時の被害は大きいと思います。

パソコンがフリーズする原因

1、電源から入るノイズ
2、CPUの故障(熱によるフリーズ)
3、メモリの故障(接点の不良)
4、マザーボードの故障
5、Windowsの障害
6、接続している機器の故障

以上のようなものが考えられます。

1、電源から入るノイズ

あまり多くはありませんが、

可能性としてあります。

自作パソコンなどの場合であれば

電源を交換してみてどうなるかで

特定するしかありません。

2、CPUの故障

CPUが故障している場合や

排熱が追いつかず

熱で暴走した時に発生します。

対処法としては

ヒートシンクのグリスを塗り直す

排熱効率の良いヒートシンクに替える

FANコントローラーの回転を上げて

放熱効率をアップする

同じソケットで動作するCPU

を乗せてみて様子を見てみる

等になると思います。

ノートパソコンや一体型の

デスクトップパソコンなどでは、

CPUがマザーボードと

一体になっている物がありますので

そういう物はメーカー修理しかありませんので

CPU乗せ換えで検証はできないと思います。

3、メモリの故障(接点の不良)

比較的 多い原因になります。

パソコンのBIOS画面を出して

メモリを軽く揺らしてみます。

これで フリーズするなら

メモリの接点が原因です。

メモリの接点をクリーニング

用意する物
1、接点復活剤、又は接点洗浄剤、きれいな消しゴム、綿棒など

メモリクリーニングのやりかた

静電気に気を付け実施する前に

手の静電気を金属で逃がしてください。

メモリの金色の接点部分に

接点の洗浄剤を吹き付けるか、

綿棒に吹き付けてから磨きます。

消しゴムでこする

良く乾いた事を確認して

パソコンに取り付けます。

BIOS画面でメモリを揺らしてフリーズしなければOK

解消されない場合は、

マザーボードのメモリスロットが

接触不良の可能性があります。

この場合はメモリ洗浄後、

マザーボードのメモリスロットに接点洗浄剤を吹き付け

メモリの抜き差しを10回位やってみます。

数分待ってメモリスロットが乾燥したら

メモリを付けてまた揺らしてみます。

フリーズが治ればOK

もし改善しない場合は

マザーボードを交換する必要があります。

4、マザーボードの故障

マザーボード上の何かの部品が故障していて

フリーズする可能性があります。

この場合は

ある程度負荷のかかる動作を

長時間実施する事で

確認できます。

ファイナルファンタジーのベンチマークなどの

負荷のかかるベンチマークを

24時間程度実施して

フリーズするかテストを実施します。

CPUやメモリ、グラフィックボードなども

影響を受けますので

もしフリーズが発生した場合

それらの部品を交換して再度テストを実施します。

時間がかかりますし、大変な作業になります。

同等のマザーボードがあれば

交換してみてどうなるか

試す方法が一番確実です。

5、Windowsの障害

Windowsの障害でフリーズが

発生する事も良くあります。

Windowsの中のドライバーが壊れていたり

重要なファイルが破損していたりすると

フリーズが発生します。

データをバックアップして

Windowsの再インストールをすることで

確認ができます。

6、接続している機器の故障

USB機器や無線機器などの故障によって

発生する可能性があります。

機器を外してどうなるのか

確認する事で原因の特定が

可能です。

まとめ

フリーズが発生したばあい

原因が多岐にわたるので

特定は難しいですが

一つずつ確認テストする事で

原因を特定可能です。

メモリ接点が原因になっている事が多く

熱によるCPUの暴走などもあります。

時間をかけて検証すると

良いと思います。