職場や学校などで、いじめられている人の解決法

こんにちは、タケシです。

今回は、職場や学校などで

いじめられている人へ

知っておいてもらいたい解決法です。

いじめについて

いじめというのは、個人、またはクループで特定の人に嫌がる

事をしたり、精神的に苦痛を与える事です。

小さいいじめや大きないじめなど、いろいろなタイプがあると思います。

いじめている方は大した事はなくても

いじめられている方にとっては、人生最大の苦境になってしまっている

事もあると思います。

あなたがもし自分がいじめられていると思っているなら

これからお伝えする事をしっかり実行してください。

いじめられている原因について考える

火のない所に煙は立たぬということわざがありますが

いじめられていると、視野がせまくなってしまいます。

まず初めに、何でいじめられているのかを考えてください。

その原因が何なのか?

私が学生の時、やはりクラスで1人から2人くらい

いじめられっ子という感じの生徒がいました。

なぜいじめられているのか

よく考えると、理由がはっきりわかりました。

まず、不潔であったり、身なりが適当であったり

話をする時も何を言っているのかわからない話し方を

していたり、普通の生徒とは違う感じな子でした。

やはり、一般的な人から見て、そういう人は

攻撃されやすいのだと思います。

全員が当てはまるわけではありませんが

何か原因がありますので、まずそれを見つけてください。

よくわからなければ、自問自答してみてください。

多分このせいだというのが思い当たるはずです。

原因がわかれば対処法もわかりますから

第一関門は突破したことになります。

いじめられている原因を無くせるか考える

いじめられている原因の見当がついたら

その原因を無くすことができるか考えてください。

身なりが不潔なのであれば、綺麗にすればいいし

太っているのが原因なら痩せればいいのです。

もし、その原因を無くすことができない場合は

なぜ無くすことができないのかを追究します。

人間、男性から女性に性転換する人もいる位ですから

やってできないという事はそんなにはないと思います。

もし、見た目などで自分一人で解決できない場合は

その道のプロの人に相談するのが早くて良いでしょう。

原因が無くなれば、いじめはなくなっていくはずです。

自分自身のマインド(考え方)を変える

これは、非常に大切です。

いじめられていると自分が思ってしまうからいじめになる

例えば、何があっても全く気にしなかったらどうでしょう

いじめにはなりません。

例えば、暴力を振るわれたなら、それはいじめではなく

傷害罪という違法行為です。

こういう場合は、法治国家なのですから

法律に守ってもらえばよいのです。

警察や弁護士さんなどに相談すればよいでしょう。

もちろん、暴力を受けた証拠を残すためにも

傷跡を写真に残したり、医者に行って診断書を

もらっておくなどすればよいでしょう。

こういう事以外、無視された、仲間外れにされたや

馬鹿にされた、ブスやデブなど罵倒された

など、いろいろな場合が考えられますが

実のところ、それを真に受けるから

心が痛くなるわけです。

いじめられている人は心が弱いのかもしれません

弱いというより未熟なのかもしれません。

犬にほえられて、傷つきますか?

それは無いでしょう。

自分の心を強くする訓練をするとよいでしょう。

気にしないのが一番良いのですが

それができないのなら、法律を勉強しましょう。

自分を守ってくれるのは法律です。

もちろん親や兄弟、先生など他人も

力になってくれる場合もありますが。

いくら親でも、いじめられている本人ではないので

いつも一緒にいるわけではないのです

わからない部分も多いのです。

ですから、いじめられて自殺した後に

そんなに悩んでいるとはわからなかったという事が多いのですね。

暴力や嫌がらせなどに関する

法律をしっかり学べば

その知識があなたを守ってくれます。

こんな事は法律に違反しているとわかり

証拠さえしっかり見せることができれば

警察も動いてくれます。

逃げるが勝ちの場合もある

原因を無くしマインドを変えても

法律を勉強しても、何も変わらない

精神的にまいってしまっている場合

逃げましょう。

逃げるが勝ちです。

学校なら休めばよいのです。

親がどうこう言うとか関係ありません。

いじめを受けているから行きたくないと言いましょう。

会社もいかなければいい

とにかく周りがどうしたのか?

と思うような行動をとる事が良いと思います。

我慢する必要はありませんよ。

学校は義務教育で法律で受けなくてはならないと決まっています。

それが、いじめなどの嫌がらせで学校へ行けなくされたという事であれば

業務妨害ならぬ義務教育受講妨害になるわけですね。

会社でも同じです。

働きたくてもいじめで精神的に会社に行けなくなった

というのであれば、労働妨害、給与を得る妨害にもなります。

日本人はとにかく我慢しすぎで精神的に参ってしまい

鬱になったり、引きこもりになります。

真面目なのは大変いいことですが

真面目に生きているからこそ

言いたい事も言うという考えでいいのです。

精神的に強い人はいじめられない

叩かれたら叩き返す

そういう人はいじめられません。

相手も怖いのですね。

優しくおとなしい従順な人が

いじめられやすいです。

個人的にはやさしくおとなしい人が大好きですし

そういう人には優しくしてあげたくなりますが(笑)

これは、親とか兄弟など生活環境に左右されます。

自分だけではどうにもならない部分もあるでしょう。

できれば、精神的に強い人と会うようにします。

そういう人の動画を見るのも良いですし

本を読むのも良いでしょう。

自分を強い人の考え方に近づけていけば

よいのです。

まとめ

いじめられている場合

1、原因を考える

2、それを無くせるか考える

3、自分自身のマインド(考え方)を変える

4、逃げるが勝ち

5、精神的に強い人に影響を受ける

本当に逃げたい場合は逃げましょう。

逃げ方がわからないという人は

お問い合わせフォームから

連絡ください。ではまた