プロパンガス料金が高い場合の対処法とは?

こんにちは、タケシです。

プロパンガスの料金が高すぎると思っている方へ

安くする方法をお伝えします。

ガスの種類、プロパンガス(LPガス)と都市ガスの違い

通常使われているガスは2種類あります。

1、プロパンガス(LPガス)

2、都市ガス

この2つの違いですが

プロパンガスはボンベに充填されて家庭まで届きます

都市ガスは地下の配管を通って家庭まで届きます

原料の違いについて

プロパンガスは プロパンガス と ブタンガス が混合されたガスです

一方 都市ガスはメタンガスが主成分のガスで天然ガスとも言われます。

発熱量の違いについて

プロパンガスは1㎥ 24000キロカロリーの発熱量があります。

都市ガスは1㎥ 11000キロカロリーの発熱量があります。

プロパンガスが都市ガスより 約2.2倍の発熱量がある事になります。

プロパンガスのメリット・デメリット

プロパンガスのメリット

災害などに強い

ボンベで配給されるので自宅の設備に不具合が無ければすぐに使える。

熱量が大きい

大きな熱量を使う機器、瞬間湯沸かし器や料理などには有効

プロパンガスのデメリット

料金が高くなる

都市ガスと比較するとかなり高く感じます。

実際に都市ガスからプロパンガス変わった経験がありますが

約2倍位違います。

設置場所が取られる。

自宅の一部がプロパンガス置き場になってしまいます。

都市ガスのメリット・デメリット

都市ガスのメリット

料金が安い

ガスボンベが必要ないので場所が不要

都市ガスのデメリット

専用の器具でないと使えない場合が多い

災害などで復旧に時間がかかる。

地中の配管のトラブルの為、見つけて修理するのに時間がかかります。

自宅配管などトラブルが発生した場合に高額な工事費用が掛かる可能性がある。

自宅内の配管(自己負担部分)で配管トラブルなどが発生した場合です。

以上のような違いがあります。

ガス料金の見方

請求書の項目

基本料金 使おうが使うまいが払う基本料です。

従量料金 1㎥当たりの使用量の合算です。

警報機使用量 ガス漏れ検知器のレンタル料です。

あまり使わないご家庭は 基本料金が安い方がお勧めですが

ある程度使うのであれば基本料金よりも従量料金が安い方がお得になります。

簡単にプロパンガス料金を安くするには

1、自分で業者を探して、見積もりを取る方法

時間もかかりますし、なかなか面倒ですよね

2、一番安くなるガス屋さんを見つけてくれるサービスに依頼する

これは簡単で、めんどくさくありません。

しかも、ガス会社の手づ付きの変更まで代行してくれて

料金は無料となっているのですね。

何で無料なの?ちょっと怪しく感じるかもしれませんが

こういう代行業者は、安い価格で販売しているガス会社から

紹介料を受け取る事で成り立っているからなんですね、

消費者 安くなる ハッピー

ガスやさん 紹介されて 顧客が増える ハッピー

紹介業者 紹介料が入るので ハッピー

と全員ハッピーになるシステムなのですね。

ガス料金を安くしたいなら↓
プロパンガス料金をどこよりも安く!【ガス屋の窓口】