タイヤ交換の値段エネオス(ENEOS)はいくら?

エネオスのタイヤ交換の費用は?

エネオスのガソリンスタンドと言っても

会社が別でエネオスのガソリンを売っているお店も

ありますから統一価格ではありません。

タイヤ交換には工賃とタイヤの代金が掛かります。

エネオスのタイヤ交換の工賃はいくら?

交換工賃は1本1500円位から3000円位です。

これには ホイールバランスと古タイヤの廃棄費用も含みます。

バラツキがあるのは エネオスのスタンドと言っても

運営会社は別でエネオスの看板を出して

エネオスのガソリンを販売しているからですね。

タイヤの交換工賃等は自由に設定できるためです。

これに交換するタイヤ自体の価格がプラスされます。

つまり4本交換する場合の工賃は

だいたい、6000円から12000円位になるという事です。

エネオスのタイヤの費用はいくら

タイヤ全部を新しい物に交換する場合ですが

上記の工賃にタイヤの金額を追加します

1本当たり

軽自動車で8000円位~

普通車の場合10000円位~

位になります

タイヤブランドやサイズによって

価格差がありますので一概には言えません。

でも同じサイズやブランドでも

購入する場所でタイヤの価格にはかなりの差がありますから

タイヤの価格を安く買えれば

トータルでお安く交換する事ができます。

楽天の格安タイヤ↓

エネオスより安くタイヤを交換できる方法とは?

とにかく、できるだけお安く交換したい場合は

タイヤの価格が一番重要になって来ます。

タイヤの価格が高ければ

交換費用が安くても意味がありません。

インターネット通販で購入すると

一番安く買えるのです。

なぜ高いタイヤと安いタイヤがあるの?

ガソリンスタンドやカーショップなどで

普通に売られているタイヤは結構お値段が高めです。

理由は、お店で売っているので

人件費、管理費等が上乗せされているからです。

でも、インターネットのみで販売されていて

店舗を持っていない場合

その分 店舗の維持費や経費をタイヤに

上乗せしなくても販売できるのです。

だから、タイヤを安く販売できるのです。

でも安いタイヤってどうなの?

安いタイヤって粗悪品じゃないの?

いえ、そんなことはありません

名前が知られていないだけで

性能は普通の物とほとんど変わりなく使えます。

レースなど特殊な利用方法のタイヤではないので

一般道を普通に走るのであれば

全く問題が無く一般的な物より半値以下で

販売されている場合があるのです。

おすすめ格安タイヤメーカー3社とは

NANKAN・ナンカン 台湾

MAXTREK・マックストレック(中国)

HIFLY・香港(中国)

この3社のタイヤは評判も良く

激安です。

それでも普通に使うには全く問題なく

静穏性や乗り心地も良いという

口コミが多く確認できます。

格安タイヤの値段は?

例えば下の価格を見てください。

とあるネット通販での価格なんですが

日本メーカーだと1万から15000円はするタイヤサイズですが

ご覧の通りその2割位の価格ですね。

実際には送料が1本1000円位かかりますが

それでもかなりの割安になります。

ネット通販で買っても交換するのはどこでするの?

ネット通販で安く買っても

交換なんて自分ではできませんから。

そこで↓でご紹介しているネット通販で格安タイヤを

購入すると、交換対応してくれるタイヤショップで

交換してもらえます。

しかも商品も直送してもらえるので運ぶ手間も不要!

料金も統一料金なので安心なんです。

一般タイヤとの工賃を含めた値段の比較

ブリジストン 某有名カーショップで交換

195/55/R16 1本13200円 工賃2000円

1本当たり 15200円(税別)

MAXTREK

195/55/R16 1本2940円 送料1000円(1本)工賃2200円

1本当たり 6140円(税別)

以上のようにコミコミで約半値以下で交換できるのです。

格安タイヤと使ってみた評判は?

MAXTREKを半年利用して

全く不具合が感じられず耐久性も特に問題ないですね。

半分以下等値段としては全くもって

問題なしという結果です。

いろいろなブログや通販の評価をみても

特に問題はありません。

値段に糸目は付けないから日本製タイヤが良い

という方にはおすすめしませんが

足として車を使っている方で

少しでも経費を節約したい方には

おすすめします。

格安タイヤを購入できるサイトはこちらです↓

格安タイヤをネット注文して近くのお店に直送、激安タイヤ全国で交換可能なサイトはこちら!