パソコン購入初心者にお金を無駄にしないオススメ機種の選び方!

こんにちはタケシです。

パソコン購入初心者がどういう機種を選べばいいのか?

パソコンの用途を明確にする

パソコンはソフトを入れる事で色々な事に使える

特殊な電化製品です。

初心者が購入する場合

まず一番大切なのは

何に使うかですね。

パソコン初心者の主な用途

インターネット

メール

SNS

ブログ

年賀状作成

ワープロ

絵画

YouTube(オンライン動画)

ゲーム

音楽鑑賞

映画鑑賞

ビデオ制作

株式トレード

仮想通貨トレード

まだまだ色々ありますが

さまざまな用途に利用可能です。

パソコンの性能を左右する物

簡単に言うと3つの部品です。

1番目 CPU

これは中央演算処理装置です。

この性能が高いものは、全体の動作が早くなります。

特に負荷の高い作業をする時に違いが出てきます。

2番目 ハードディスクやSSDなどの記憶媒体

Windows本体とソフトウェアやデータを記録しておく部品です。

じつはこの部品のデータの転送速度によって

パソコンの使用した時の体感速度が大きく変わります。

3番目 グラフィックボード

これは、CPUに内蔵されている物と

別の部品として付けられている場合に

分かれます。

特に画面の動きの速さが必要はゲームや

VR(バーチャルリアリティー)などの

ソフトウェアに使うと差が出ます。

この3つの部品をどう選ぶかで体感速度が変わります。

パソコンの選び方

インターネットの閲覧や文書作成などが中心

メールやSNSなど

あまりゲームなどをしない場合

CPUはCorei5の物を選ぶのがおすすめです。

Corei3でも使えるのですが

インターネットも今は動画が増えていますし

ホームページもプログラムで動作している物が

増えているので、快適に使うにはCPUの

演算にある程度余裕が必要です。

とにかく価格の安さが優先という場合はCorei3

でも使えますが、色々な事をやっていくと

速度が物足りなくなってきます。

メモリは4GB以上あれば大丈夫でしょう。

記憶媒体はハードディスクでもSSDでも大丈夫ですが、

できればSSDのタイプにすることをおすすめします。

これは、自分のパソコンで試したのですが

5年も前の自作パソコンで

ハードディスクでWindowsの起動時間が

1分15秒位かかっていましたが

SSDにしたら25秒で起動するようになりました。

同じCPUでもこれだけの時間の差が

発生しますので、SSDをおすすめします。

動画編集やゲームもやる場合

CPUは最低でもCorei5できればCorei7が理想です。

メモリは8G以上ある方が良いでしょう。

動画編集はエンコードが必要なので

CPUはより速く、メモリがより容量が多い方が

全体的な処理速度がアップします。

エンコードは結構な時間がかかり

長いものだとそれなりにかかりますからね。

グラフィックボード

CPU内蔵では無く

別途付ける物がおすすめです。

ノートパソコンだと

スペースの関係で無理な場合がありますが

デスクトップパソコンの場合

グラフィックボードを別に

付けられるタイプを選択した方が良いと思います。

ノートパソコンかデスクトップか

ノートパソコンはCPUなどが

同じ性能に見えても

小型化するため熱対策などで

速度が遅く設定されている場合があります。

デスクトップパソコンと比較しても

何かもっさりしていたり

遅いと感じる場合が多いので

持ち運びの必要が無いのであれば

デスクトップパソコンのほうが

速度的には速いとおもいますし

拡張性もあるので

おすすめです。

どうしても場所などの関係で

ノートパソコンを使いたい場合

記憶媒体はSSDの物にしましょう。

SSDは消費電力も少なく

振動に強いので

ノートパソコンのように

移動する場合はとても有効です。