IOS1103でiPhone6重い遅い?

こんにちはタケシです。

iPhone6のバッテリー交換をして

現役で使っていますが

先日IOS11.03にアップデートしました。

理由はアップデートしろという

案内がしつこいからです。(笑)

アップデート後、iPhone6は

重くなったか遅くなったか、

アップデートしたメリットデメリットについてです。

iPhone6アップデート後、重くなったか?

答えはYESです。

結構重くなった感じです。

アップデートしない方が良かったと思える位に

重くなってしまいました。

まんまとAppleの古いiPhone買い替え計画の

餌食になってしまいました。

主に、画面を横にスライドさせる時に

ちょっと反応が悪く

カクつくことがあります。

それ以外はアプリの起動などが

少し遅くなった感じがしますね。

アップデートはセキュリティアップデートも

あるので、OSがあまり古いまま

使うのも問題がないわけではないので

仕方ない部分もありますが

この遅さが非常に残念ですね。

iPhone6アップデート後重さを改善するには?

以前から無駄な画面のアニメーションや

透明化など停止して使っていましたので

これ以上高速化できない位なのですが

これをやってみて

かなり速度が改善されました。

それはSiriの停止です。

SiriはiPhoneの

かなり多くのリソースを

使うようです。

私の場合Siriはカップ麺のタイマー

位しか使っていませんでしたので

完全に停止する事にしました。

そうしたら、アップデート前と

ほとんど変わらない位の

反応に改善しました。

siriの停止方法は

設定の中のSiriと検索

赤の中を全部すべて下の図のようにOFFにします。

これでSiriが停止します。

Siriを使ってない人は停止しても

そんなに不便は感じませんし

ネットの音声検索はGoogleでやれば

Siriよりも何倍も正確に検索してくれるので

そちらを使えば何の不便もありません。

パソコンなどもそうなんですが

ハードの性能が高いので

普通の使い方だと

ほどんど遊ばせておくような

状態になりますので

機器の買い替えは促進できませんから

あまり使わないような物に

リソースを使わせて

遅くなったように見えて

ユーザーに新しい物に

買い替えを促すという

パターンになっています。

よくよく考えると

3Dゲームなどをしない限り

スマホでやっている事って

ネット閲覧

メール

電話

動画再生

位なんですよね。

この内容って

スマホが出た当時と

そんなに変わっていません。

動画の画質が良くなったり

ネットの通信速度が上がった

という事はありますけどね。

つまり、そんなに高速なハードウェアを

要求する必要が無い事をほとんどの人が

やっているのですね。

Siriを停止する対策で

iPhone6でIOS11.3にアップデート後も

快適に使用できるようになりました。

iPhone6IOS11.3にアップデート後メリットデメリット

アップデートのメリット

セキュリティの向上ですね。

IOSはウイルスなどほとんどなく

セキュリティは高いと思いますが

それでも、セキュリティホールが見つかりますので

アップデートするほうが安心です。

新しくなった感じになる

画面やアイコン、操作方法が

新しくなるので

古いiPhoneでも

新しくなった気持ちになれます。

無料でできるのでマンネリ化した

端末が生まれ変わった気がします。

以上がメリットです。

アップデートのデメリット

アプリが動作しなくなった

32ビットアプリが全て動作しなくなりました。

有料で買った動画の保存アプリが

落ちるようになってしまいました。

その他、有料で買ったケームアプリなど

結構お金がかかっている物が

軒並み動作しなくなって

アプリもアップデートされませんので

使えなくなるという物が多くあります。

この点は良く確認しないと

痛い目にあいますね。

前のバージョンでも

全く不満はなかったので

あのままでもよかった気がしています。

以上のように

特にまだ必要に迫られていない場合

アップデートしない方が良いのかもしれませんが

セキュリティやIOS11以上でないと

動作しないアプリなども

出てくる可能性がありますので

アップデートして遅くなったと

思った方はSiriの停止を試してみてください。