iphoneのバッテリーがもたない場合はどうするの?

こんにちはタケシです。

iPhoneのバッテリーがもたない場合の対策です。

iPhoneのバッテリーがもたない理由

1、バッテリーを使いすぎている

買って間もないのにバッテリーがもたないという時に

考えられるのが、バッテリーを使いすぎている場合です。

iPhoneに限りませんが、最近のスマホは多機能になり

とにかくバッテリーを使うアプリや機能が増えてきています。

一番多いのがバックグラウンドで処理をするアプリです。

バックグラウンドで通信を随時するようなアプリを使うと

あっという間にバッテリー残量が無くなってきます。

2、バッテリーが劣化している

今までは2日位持ったはずが、いつの間にか

1日しかもたなくなったという場合

バッテリーそのものが劣化している可能性が考えられます。

iPhoneのバッテリーはリチウムポリマーという

バッテリーなのですが、500回の充放電で

80%位に容量が減ります。

おおよそですが普通の使い方をして2年位で

この回数に達するようなので

2年位使うとバッテリーが弱くなったと感じる人が

多く、そろそろ本体を買い替えようと考える時期です。

バッテリーを交換すればまだまだ現役で使えるのに

その為だけに本体ごと交換するのも非経済的ですね。

iPhoneのバッテリーがもたない場合の対処

1、使わないアプリは消しておく

ほとんど使わないアプリでも一度起動すると

バックグラウンドで通信したり通知が入るものが多くあります。

通知をオフにすればよいのですが

あまり使わないのであれば、アプリを削除した方が

ストレージ(写真など記憶しておくメモリ領域)の容量も空くのでおすすめです。

2、バックグラウンドで処理が多いアプリを終了させる

ホームボタンをダブルクリックして

アプリを上にスライドすると終了します。

3、モバイルバッテリーで補充電する。

対処法になり根本的な解決にはなりませんが

取りあえず使用時間を強制的に伸ばす効果があります。

バッテリー残が30%以下になったら補充電するというような方法です。

2015年 楽天1位のモバイルバッテリー↓↓↓

3、バッテリーを交換する。

iPhoneの場合、バッテリーが劣化すると速度が遅くなる

プログラムが入っていますので、バッテリーの持ちがわるくなる

速度も遅くなるとデメリットが多いのでバッテリーを

新しい物に交換する事で速度とバッテリーのもちが復活して

新品時の性能がよみがえります。

価格もお手頃価格で交換できるショップがありますので

Appleの保証が切れている場合や

データはそのままで持ち込みで即バッテリー交換してもらいたい場合は

お近くの修理店を探してみてください。

Web予約できる修理店

近くにバッテリー交換できる修理店が無い方は↓↓
アイフォン修理、即日完了、データそのままでOK!