iphoneのバッテリー交換の予約が取れない、できない場合の対策とは?

こんにちはタケシです。

iPhoneのバッテリー交換プログラムですが

バッテリーの在庫不足などで予約できない場合があるようです。

予約が取れない原因とは

3200円税別の交換プログラムで、一気にバッテリー交換をしようとする人が増えたため処理がパンク状態になってしまっているからです。

さらにAppleストアや正規サービスプロバイダの店舗数が少ないのでしょうがないですね。

ただし無条件交換という訳では無いようで、画面にひび割れや水没後などがある場合はその修理を受ける必要があるようで高額になってしまいます。

予約が取れない場合の対策その1 自分で継続して使う場合

Apple正規サービスプロバイダー以外でのバッテリー交換をする。

正規サービスプロバイダーで3200円税別でバッテリー交換ができれば安いという感覚になると思いますが、予約できないのでは意味がありません。

絵に描いた餅になってしまいますね。

Apple正規サービスプロバイダーでなくてもバッテリー交換できるお店があるので

バッテリー交換して延命して継続して使うのなら、一つの選択として考えられると思います。

データは消えず即日バッテリー交換OK↓↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

予約が取れない場合の対策その2 転売したい場合

Apple正規でバッテリー交換した場合と非正規の修理店でバッテリー交換した場合で

売れる金額が変わると思っている方が多いのではないでしょうか?

しかし、現行機種で無い場合はあまり変わりません。

確かに買う方としては正規の修理店でバッテリー交換した物の方が安心だと思います。

Apple純正バッテリーで劣化しているiPhoneと非正規の修理店バッテリー交換して劣化していないバッテリーで比較した場合劣化していないバッテリーの方が断然価値は高くなります。

実際自分のiPhone6のバッテリーを純正バッテリーと非純正バッテリーで2回交換した経験がありますが、非純正バッテリーでも交換後のバッテリーの持ちなどは全く変わりません。

自分の場合は非純正バッテリーのほうが劣化するスピードが遅いと感じられています。

バッテリーは生ものですから、純正バッテリーで新品の製造年月日が古い物と

非純正バッテリーで製造年月日が新しいものでは、同じ性能であれば

製造年月日が新しい方が持ちも容量も大きくなります。

つまり中古を買う人にとっては、非純正バッテリーであっても

新品に交換されていれば、あまり問題ないと考えられます。

予約が取れない場合の対策その3

とにかく予約が取れるまで、ネットの予約ページを確認する。

空き時間にとにかくネット予約ページで空きがあるのを確認する事でしょう。

なかなか根気がいると思いますが、かなりのユーザーが交換しようとしているので

どうしても混雑してしまいますが、ネットページで確認すれば

電話などよりも自分の都合で検索できるので現実的でしょう。

まとめ

バックアップの手間と時間や余分にかかる費用を考えても、非正規修理でバッテリー交換のみをしてもらうほうが時間短縮になります。

予約できなくて何度も確認する時間を時給に換算すると、すぐに数千円分くらいの時間がかかってしまいますよね。

それなら時間の節約のために非正規の修理店で交換もありなのではないでしょうか?

データは消えず即日バッテリー交換OK↓↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!