iphoneのホームボタンが陥没して押せない、戻らない時はどうするの?

こんにちはタケシです。

iphoneのホームボタンが戻らない時

考えらえる原因は、ホームボタンに砂糖の入った飲み物などを

こぼしてしまって、それが乾燥して中でベタベタになってしまって

戻らなくなっている場合です。

消毒用のアルコールを使います。

小さい綿棒にアルコールをしみ込ませて

電源を切ってホームボタンの円の壁側を丁寧に拭きましょう。

アルコールなのですぐに気化してしまいますので

たっぷり目に使っても大丈夫です。

十分に拭いたら、両面テープでホームボタンを

貼り付けて引っ張ります。

アルコールで拭いても戻らない場合

ホームボタン内部のスイッチ部が

へこんでしまっていますので

ホームボタンその物を交換しないと

直りません。

無料保証期間中であれば

飲み物をこぼしたりしていない事が

確実であれば、Appleで修理してもらいましょう。

飲み物をこぼしている場合保証期間中であっても

有料になりますので注意が必要です。

保証期間が切れてしまっている場合

飲み物をこぼしている場合は

落下させたり、ぶつけてしまったりした場合

Apple正規修理の場合高額な修理代がかかります。

さらに、データは削除されます。

その場合は非正規の修理店で修理する方が

かなり安くなりますしデータもそのままで修理可能です。

ホームボタンの修理代の記事はこちら

ホームボタンが戻らない場合は

iPhoneは使い物になりませんので

安く早く直してしまいましょう。

正規修理の半額程度で格安に修理できる修理店↓

アイフォン修理、即日完了、データそのまま!