iphoneのバッテリー交換で データが見られる事はあるの?

こんにちはタケシです。
iPhoneをバッテリー交換や修理に出す時に、中のデータは見られてしまうのでしょうか?

パスコードがかかっていればデータは見られません

パスコードは、たとえAppleであっても解除する事ができないので、修理で解除する事はできません。
そのため、パスコードをかけて修理に出せば、中のデータを見られてしまう事はありません。
バッテリー交換では電源をオフにしてバッテリー交換をして、電源を入れて、最後に各部の動作確認をする時にパスコードがかかっているとテストができないのでパスコードを聞かれると思います。

しかし、写真などプライベートな物が入っているiPhoneの場合、やはりパスコードを教えて中が見られてしまう可能性があるのは嫌だと思いますので、動作確認をする為にパスコードを教えてほしいと言われた場合は、重要な個人情報が入っているので教えられないので、受け取り時に自分で確認したいと言えば良いと思います。

その点は個人ユーザーの自由だと思いますので、OKだと思います。

それでもパスコードを聞かれる場合はそのお店では修理は断念した方がよいかもしれませんね。

バッテリー交換では電源が入るかどうかと、タッチパネルの正常動作が確認できれば問題ないので、バッテリー交換後受け取り後に店頭で自分でタッチパネルの動作確認をすれば良いでしょう。

Apple正規修理では初期化されることもある

Apple正規修理では診断アプリを使うため、基本的にデータを削除(初期化)して各部のテストを実施するようなので、それであればあらかじめ自分でデータをバックアップして初期化して修理に出す方が良いでしょう。

データを残してバッテリー交換や修理がしたい場合

Apple以外の修理店ではデータを残して修理する事が可能です。
データのバックアップはとても大事ですが、緊急の場合はバックアップを取る事ができない場合もあると思います。

そんな時はApple以外の修理店で修理する事でパスコードも教えることなくデータを残して修理する事が可能になるでしょう。

簡単予約でデータそのままで即バッテリー交換できる修理店↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!