潜在意識を使い自分の病気を治す方法

こんにちは、タケシです。

今回は、病気で悩んでいる方に、

潜在意識で病気を改善する方法をお伝えします。

私自身もこの方法で、ぎっくり腰や、足のつり、

花粉症等の改善に役立てています。

病気に対する潜在意識の利用法

潜在意識を使い自分の願望を実現する方法1で

潜在意識は願望を実現するパワーがあるという話をしましたが、

その願望は病気を治す事に対しても使えます。

病気とはいったいどのような状態でしょうか?

人間は60兆もの細胞群でできており、

その一つ一つが役割をもって体を形成しています。

さらにその細胞群がバランスと保ってうまく機能しているわけですが。

このバランスを崩した状態が病気と言えると思います。

病気になる原因

これは色々原因があると言われていますが、

その多くはストレスとだと言われています。

ほとんどの病気がストレスからきているという事で、

これは医学者も認めている事実です。

癌などもストレスで発生するわけですね。

感染症でもストレスで免疫が下がれば

感染する可能性が上がります。

ストレスとは気分がマイナスな感情です。

マイナス感情には体の細胞もマイナス的に影響を受けます。

これはどういう事かと言うと、

体の細胞は脳の命令によって活動しています。

つまり考えている事が体の細胞に影響するという事です。

ストレスを解消する

まずはネガティブな考え方を持たないようにする。

全てをポジティブに考えるようにします。

自分の考え方がどうなのかを知る事です。

自分が今考えた事、感情はプラスなのかマイナスなのか。

気分が良くなればプラス、悪くなればマイナスです。

プラスになるような感情を持つような

考え方を持つようにする事を習慣化します。

自分の中にある奥深いマイナスな感情を見つける

自身の中にマイナス感情があるとそれが原因で体調を崩します。

罪悪感や憎悪、恐怖、妬みや嫉妬など、

こういうマイナス思考が自分にある場合は要注意、

これらの感情は体のバランスを崩します。

こういう感情は過去の経験や今現在の状況で起こってきます。

まずフォーカスする事象をこれらの事からそらし、

自分が幸せになる方向にフォーカスしてください。

マイナスを打ち消すのはプラスです。

罪悪感を打ち消すには良い事をする

憎悪には好きな人の事を考える

恐怖には楽しいことを考える

妬みや嫉妬は相手の事を褒め

自分もそうなれると思う事です

そして今の病気の事は考えないようにしてください。

フォーカスする事は、

私は日々健康になっていると思う事です。

今現在病気であっても今は健康であると思う事です。

健康であると思っているのでストレスはありませんし、

病気に対する恐怖もありません。

その事が体の細胞に良い結果を与えます。

体は本人の気持ちに敏感に反応します、

例えば ショックな出来事が起こると失神してしまう人もいますし。

うれしいこと、悲しい事があれば涙が出てきます。

つまり感情は体の細胞に影響しているのです。

病気が完治した状態をイメージする

病気が完治した状態を鮮明にイメージしてみる事です。

病気が治って仕事についている自分や、

医者が完治しましたと言っているイメージ等を

リラックスしてイメージする事で良い感情が生まれます。

まとめ

病気の原因の多くはストレスからきている

マイナス思考がストレスを発生させる

ストレスを受けないようなプラス思考を習慣化する

マイナス思考にはプラス思考で打ち消す

病気の事にフォーカスしないで日々健康になっている事にフォーカスする。

病気が治った事をイメージしてその時のうれしさの感情を先取りする事

一緒に人生を豊かにしませんか?

無料メルマガ購読はこちらへ

不要なら解除もすぐできます。