IOS11.03アップデート後のバッテリー対応は?

こんにちはタケシです。

iPhone6をIOS11.03にアップデートしました

予期せぬシャットダウンに対応した

パフォーマンスの制限について

以下のように改良されたようです。

アップデート後のバッテリー対応

まず項目が増えました

設定-バッテリーをタップ

バッテリーの状態という項目が増えています。

これをタップ

最大容量とピークパフォーマンス性能

という2項目があります。

私のバッテリーは自分で交換した互換バッテリーなので

この項目の数値が出ませんでした。

確認は無料のアプリでできますので

こちらの記事でご紹介しています。

最大容量とは

新品時のバッテリー容量に対しての

現在のバッテリー容量です。

劣化するとこの容量が減ってきます。

新品時100%

要交換80%以下

という感じでしょうか。

ピークパフォーマンス性能とは

予期せぬシャットダウンが発生したときに

ピークパフォーマンスを落とす機能がONになるようです。

バッテリーが劣化していない場合のメッセージ

お使いのバッテリーは、現在標準のピークパフォーマンスに対応しています。

この場合、性能は新品時のパフォーマンスになっている状態です。


バッテリーが劣化で突然のシャットダウンが発生した場合のメッセージ

このiPhoneで、必要なピーク電力をバッテリーが供給できなくなったため

突然のシャットダウンが発生しました。

この現象が再発しないように、パフォーマンス管理が適用されました。

無効にする

このメッセージが出たら突然のシャットダウンが発生して

ピークパフォーマンス制限が掛かっている状態です。

無効にするをタップする事で解除できるようです。

解除後は有効にすることはできず

予期せぬシャットダウンが発生した場合に

あらためて有効になるようですね。

バッテリーの状態が不明な場合

Apple正規品以外のバッテリーを使った場合や

バッテリーが壊れている場合

このiPhoneでは、バッテリーの状態を判定できません。

バッテリーに関するサービスは、Apple正規サービスプロバイダが対応します。

このメッセージが出るようです。

私の場合も自分で互換バッテリーに交換した物はこの表示になりました。

Apple正規バッテリーがではこの表示は出ませんでしたので

交換後の純正バッテリーとそうでないバッテリーの見分けができそうです。

Apple正規以外で互換バッテリーに交換した場合

パフォーマンス制限はかからないようです。

ユーザーとしては処理速度が落ちない方がありがたいので

自分でやApple正規以外で互換バッテリーに交換した場合は

特にデメリットはないと思います。

Appleが今回のアップデートで

バッテリー劣化に対して

パフォーマンス制限について

ユーザーが選べるように改善したようなので

IOS10ユーザーはアップデートする事で

パフォーマンスが改善する事ができますので

アップデートをおすすめします。

バッテリーの劣化が確認できて

パフォーマンスが改善しない場合は

バッテリー交換をおすすめします。

こちらの記事でご紹介しています。