iphoneのバッテリー診断より、簡単!バッテリー劣化を確認する方法とは?

こんにちは、タケシです。

iphoneのバッテリーの劣化状態を確認しバッテリー交換時期を知る方法です。

バッテリーの状態を確認

1、設定をタップ

2、バッテリーをタップ

3、バッテリーの状態をタップ

4、最大容量を確認します。

最大容量とバッテリーの劣化状態

最大容量が80%以下の場合、Appleがバッテリー交換を推奨しているレベルです。

自分で使ってみたのですが、最大容量が80%でも、それほどヘビーな使い方をしていない場合は、それほど問題があるという感じではありません。

実際に使ってみた感じでは、最大容量が80%になるのは毎日充電して2年位使用での値になりました。

気温やバッテリーの温度なども影響するためプラスマイナス10%位は変動すると思います。

この変動が大きい場合も劣化が進んでいると思います。

どの位の劣化でバッテリー交換をしたらいいの?

これには使い方などにより個人差があると思います。

充電100%状態から実際に使って1日持たないのであれば、バッテリー交換しても良いと思います。

人によっては、ゲームユーザーなどで1日に何度も充電したり、充電しながら使ったりする場合もありますから、個人の環境と使い方にもよりますので

最大容量が80%切っていても、いつでも充電できる環境にいるとか、モバイルバッテリーなどを持ち歩きできるのであれば、50%に劣化しても実用上不便はないと思います。

ただし、iPhoneで使われているリチウムポリマーバッテリーは、あまり劣化すると膨らんでくる事が有るため。場合によっては画面などハードに故障をきたす可能性があるので、Appleでは80%を交換の基準にしているのだと考えられます。

ですので、80%を切っていたら交換するのがおススメになります。

リチウムポリマーバッテリーの充電回数

0%から100%を一回としてカウントしiphoneでは約500回

充放電した場合、最大容量が80%になるそうです。

1日1回充電したとして500日なので1年半くらいでしょうか

データを消さず即日バッテリー交換できる修理店↓↓

アイフォン修理、即日完了、データそのままでOK!

バッテリーの劣化で、iPhoneの速度が遅くなる?

2017年12月

アップルがiPhone6以降で

バッテリーが劣化していると

処理速度を意図的に低下させている

と認めたというニュースが出ました。

バッテリーが劣化してきた場合、iPhoneの処理速度が遅くなるという事が

確定しました。

実際に私自身 初代ipadAirとiphone6を使っているのですが、プロセッサがM7の ipadAirのほうが、M8のiPhone6より何をするにも動作が速いという現象を確認しています。

ipadAirはバッテリーがあまり劣化しておらず、新品の94%位ですがiPhone6は88%から77%位を行ったり来たりの状態です。

これを、新しいバッテリーと交換した所、かなり高速になりました。

新しくすることでバッテリーの持ちだけでなく

速度も改善するという事になるようです。

交換前と交換後の速度比較はこちらの記事

簡単予約で即日バッテリー交換できるお店↓↓
アイフォン修理、即日完了、データそのままでOK!

上の修理店でも見つからない方は

バッテリー交換はどこでできるの?の記事はこちら