ドンキホーテのUSBブランケットをモバイルバッテリーで使える時間はどのくらい?

こんにちはタケシです。

ドンキホーテで買った

USBブランケットという商品ですが

カーボン繊維ヒーターを内蔵した

USB電源で温まるひざ掛けです。

モバイルバッテリーでどの位使えるのか

暖かさと仕組みについて

色々と検証してみました。

さらに、全く暖まらなくなった

原因と修理もしました。

USBブランケットとは?

USBの電力で暖かくなる小さい毛布です。

ドンキホーテで購入しました。

電気毛布などのように

ポカポカにはなりません。

カーボン繊維ヒーターをUSB電源で

ほんのりわずかに暖かくなる

人肌程度に暖かくなる

ブランケットです。

ヒーターはないより

合った方が良い

という程度の発熱量です。

ですから、冷え性でポカポカしたい

という場合はあまり有効ではないかもしれません。

しかし、使い方によっては

とても有効に使えますので

実際に試してよかった方法を

お教えします。

USBブランケットの仕組みとは?

ハサミで切り開いてみたら(暖かくならなくなった壊れた物です。)

中央にA4サイズを一回り大きくした位の

カーボンヒーターシートが縫い付けてあります。

カーボンヒーターの両側に銅箔が貼りついていた

そこにケーブルがハンダで固定されています。

白っぽい布と黒の布は接着されています。

中にはカーボン繊維がハチの巣状に

入っています。

赤丸の髪の毛みたいなのが

カーボンヒーターです。

取り出したヒーターにモバイルバッテリーをつけて

実際に膝の上に置いて電源を入れてみましたが

ほんのりと暖かい程度です。

しかし、冷え性の人には

熱すぎずちょうどいいのかもしれません。

USBブランケットの消費電力と電気代は?

USBの2.0だと出力が0.5Aなので

消費電力は最大で

0.5×5Vで2.5W程度になります。

2.5Wですから、一般的な電気毛布

などど比べると10分の1以下でしょうから

その暖かさの具合がわかると思います。

でも、この低消費電力が

モバイルバッテリーでも使えたり

ノートパソコンのUSBコネクタで

使えたりと

場所を選ばす、暖をとれる

便利さにもなっています。

電気代は24時間で1.6円位です

とても省エネです。

USBブランケットは暖かいの?

電源を入れて1~2分で

じんわり暖かくなってきます。

説明書では室温が20度の時に

32~37度位に発熱するようです。

という事は体温と同じか少し高い位?

になりますね。

冷たいという感じを無くす程度の

保温力だと思ってください。

暖かいとまでは言えませんが

人が座っていた場所から

人が移動してすぐに座った

時の温度位だと思えば

良いでしょう。

USBブランケット人気の種類は?

私はドンキホーテで購入しましたが

ネット市販されている物では

以下のようなものがあります。

下のAmazonのピンクの物は

ドンキホーテで売っている物と同じです。

モバイルバッテリーを収納できるポケット付き


価格が安く暖かいというレビューが多いブランケット

難点としてスイッチが無いようです、

ヒーター部を取り外して丸洗いできるブランケット

長く使っているとやはり洗いたくなりますので

清潔に使いたい方にはおススメ!

方に羽織ったり、足に巻いて止めらる

くるむように使用できる製品です。

上半身にも使いたい方にはおススメ!


価格が安くスイッチ付き

暖かさが多少アップしていてふんわりしているタイプ

AC100Vで使えるアダプター付きの物です、

簡単に分けると

スイッチ付きとスイッチ無し

ポケット付きと無しタイプ

カバーを丸洗いできるタイプ

ボタンで止められるタイプ

金額は2000円から4000円位です。

ヒーター部の耐久性が

あまり無い物もありますので

1~2シーズン位の寿命と考えて

安めの物を買って

壊れたら買い替えるか

丸洗いできる物を買って

ヒーター部が壊れたら

ヒーター部のみを

購入したり、カバーだけを

普通のひざ掛けとして利用する

という事もできそうですね。

USBブランケットの上手な使い方

発熱量が少ないので

安全性が高いというメリットがあります。

1、赤ちゃんやお年寄りの湯たんぽ替わりに使う

発熱量が微弱なので

低温やけどなども心配も

不要なため安心です。

布団の中(シーツ下)の

足の下あたりに入れて

湯たんぽ替わりに

使用しても

布団の中であれば

ぬくぬくと暖かく

真冬でも

暖かさを感じられます。

2、デスクワークのひざ掛け

ひざ掛けとして使う場合

熱量が少ないので

USBブランケットの上に

もう一枚ひざ掛けをかぶせると

暖かく使えると思います。

2重になりますが、この方が

発生した熱を逃がしませんので

おすすめです。

単独で使うと、寒い場合

足全体が温まりません。

理由は発熱シートがハンカチ程度の

サイズしかない為

ブランケットは大きくても

温まる面積が小さいためです

USBの電力だと

これ位のサイズなのは仕方ないでしょう。

3、外出時の保温

巻き付けて止められるタイプであれば

体に巻き付けて

その上にジャンバーを来て

モバイルバッテリーから

電源を取る事で

携帯式の電気保温ジャンバー

として使う事ができます。

USBブランケットは

モバイルバッテリーで

使えるというメリットが

あるので外出先や電気の無い所で

使えるという事が

とても魅力的だと思いますね。

4、ペットの保温用として

寒い時期のペットの保温用

として有効に使えると思います。

ACからアダプタで使用した場合でも

0.5Aなので1日使っても電気代が1.6円位です

1カ月24時間使っても

47円程度しかかからないので

とてもリーズナブルですね。

この場合は洗えるタイプが

良いと思います。

5、キャンプや車中泊などの簡易暖房として

冬場などのキャンプや車中泊で

100V電源が取れない場合も考えられます。

そんな時に簡易暖房として

モバイルバッテリー経由で

使えますのでとても便利ですね。

モバイルバッテリーは大容量の

物を使えば40時間位連続利用できます。

実際に30000mAhbのバッテリーで使ってみましたが

40時間強連続使用できました。

このモバイルバッテリーの詳細はこちらの記事で

USBブランケット用のおすすめモバイルバッテリー

長時間や2名同時に使いたい場合は

私も使っています40時間以上使えます。

3名同時に使えて、13時間以上稼働OK

1晩持てば良い場合や外出用で軽いものが良い

サイズと容量、金額のバランスが良い製品

Cheeroの10050mAh

12時間以上は使えると思います。

同じく信頼性ある製品

ANKER製10000

数時間で良いのでとにかく軽いのがいい場合

130gでコンパクトでも

7時間稼働。

防災用にもなるモバイルバッテリーをつかって

100V電源の無い所で

暖を取る事ができますので

活用してみてください。

全く暖かくならない、故障した場合の修理方法

ハサミで切り開いたほうは

全く暖かくならなくなってしまいましたが

調べた結果、カーボンヒーターシートの

2つのケーブルのハンダ不良が

原因のようで赤い丸の中のハンダを

し直したら直りました。

しかし、ブランケットはハサミで

真っ二つになったので

ヒーター部のみを布団と敷布の間に挟んで

モバイルバッテリーで

湯たんぽ替わりに再利用しています。

カバーが無い分暖かいです、