モニター

KEIAN・4Kモニター・KWIN-4K23BHのレビューと暗転が発生?!

4Kモニターが欲しいなと思った

今まで、27インチと24インチの2画面で使ってきましたが

さらに綺麗な画面で使いたいという欲望が湧き上がってきまして

4Kモニターが欲しいとう気持ちが湧き上がってきました。

27インチのFULLHDでも問題ないといえばないのですが

最近老眼が進んできまして近くを見るのが苦手になってきました。

少しでもストレスなく見るには、大きな画面で距離を離して見る

というのが大事になってくるようです。

それにはやはり32インチ程度の4Kモニターが理想です。

KWIN-4K23BHを買いました

お気に入りのショップ PCデポさんにぶらぶらと散策に行ってみると

32インチの4Kモニターが35,000円(税別)というプライスで展示してあります。

画面が映っていないので店員さんに『画面が映っているのを確認したいのですが』とお願いしました。

どうもケーブルが刺さっていないようで、隣の27インチの4Kモニターのほうのケーブルを

外して、32インチのほうに差し替え、ケーブルの差込口が真下に向いているので見えない(笑)

自分もお手伝いしながら、店員さんと2人でモニターを斜めにしたり四苦八苦しながら

やっとHDMIケーブルを繋げて

無事 Windows10のデスクトップ画面が表示されました。

画面はすごく綺麗で、これくらい綺麗なら大丈夫だなと、即決で購入

税込み 38,500円でした。

画面は光沢(グレア)で、とにかく文字や映像がはっきり鮮明できれいです。

発色も良く、YouTubeや映画、写真、文字の入力など非常に見やすいです。

特にYouTubeの4K映像などは、その場に居るくらいの臨場感で今まで以上に楽しめるようになりました。

映像調整について

リモコンが付属していますので、

入力切替や映像のシーンモードの変更などがストレスなくできます。

映像のシーンなんですが

スタンダート RTS FPS テキスト 動画 ゲーム と

6つのモードを選べるのですが

なぜか明るさとコントラストを調整できるのはスタンダートモードのみで

それ以外のモードは黒レベル調整のみで明るさとコントラストはメーカーの

おすすめ設定に固定されています。

自分の場合 昼間と夜に2つのプリセットを設定しておきたいので

スタンダート1、スタンダート2というのがあると良かったと思います。

というのもスタンダート以外の画面だと夜暗い部屋で見た場合

明るすぎるということと、

黒レベルで見た目を調整できるのですが、これがまた全モード統一設定になるので

例えば スタンダートモードで黒レベルを40にすると

全てモードで黒レベルが40になる仕様になっているので

どのみち各モードで見るときに調整が必要になるからなんですね。

まあリモコンがあるのでその点はそれほど苦にはならないのですが

メモリしておければこしたことはありませんので

まあ価格が安いのであまりわがままは言えませんが(笑)

 

ケーブルの差込口について

これはとても差込にくいという感想です。

左から 電源 HDMI HDMI DP(ディスプレイポート) という順番で 

上の写真の矢印の方向にケーブルを差し込むのですが

差込口が見えないのでモニターを前に斜めにするか

いったん前に倒すという動作が必要になります。

一度刺してしまえば、そうそうケーブルを差し込みすることはありませんから

最初の1回だけ苦労すれば後は問題ありませんので

大きな問題ではありませんが・・

自分の場合この後発生した、トラブル対応でケーブルを何度も抜き差しする事態が発生したため

このケーブルの差し替えにくさは大変な思いをしましたが・・・

この設計は、おそらくモニターアームの隙間にケーブルを通して

コネクターに差し込む想定なので

下向きのほうが都合が良いのかもしれません??

画面表示について

これについては素晴らしいという感想です。

導入前に使っていたASUSの27インチFULLHDモニターと価格はほぼ同じですからね。

FULLHD4枚分が1画面に入った繊細な表示がとても綺麗です。

一番良かったのはYouTubeの動画で4Kの動画を観るときです。

今までにない臨場感、FULLHDではつぶれて良く見えないような

細かい部分も詳細に確認できるくらいになりました。

画面の写真を同じ構図で比較してみます。

4KとフルHDの比較4Kモニターはドットの粒が全く見えません

旅行の動画や風景などの動画は、本当にその場に居るかのような

錯覚を覚えるくらいに綺麗に表現されています。

 

音声について

背面にステレオのスピーカーがついているのですが

これはおまけという程度に考えたほうが良いでしょう。

昔のハンディラジオみたいな音なので

シャーシャーしている薄い音ですね。

Windowsのシステム音などには全く問題ないですが

映画とかYouTubeなどを見るには別途ステレオスピーカーが必要だと思います。

画面が暗転するトラブル発生

使い始めて1週間位たったところでトラブルが発生しました。

27インチのFULLHDモニターと2画面で使っているのですが

時々画面が真っ暗になって27インチのFULLHDのほうだけに切り替わり

4秒位で元に戻るという現象が発生するようになりました。

特に何をしている時と決まってはいません。

これは故障なのか、グラフィックボードの不具合なのか

ここから切り分けを実施していきます。

画面が暗転するトラブルの切り分け

1、ケーブルを27インチと入れ替える

27インチがHDMI、KEIANはDPでつながっています。

とりあえずこれを入れ替えてどうなるか?

入れ替えてもKEIANのほうが暗転します。

KEIANの故障が疑われます。

2、KEIANのみ接続してみる

DPでKEIANだけを接続してみます。

これでも暗転症状は発生します。

27インチは今まで使っていて暗転する事は一度もなかったので

ますます故障が怪しくなってきました。

3、ケーブルを変えてみる

DPはケーブルによっては相性のような物があるという経験があります。

今まで映っていたのに急に映らなくなったという経験もあり

ケーブルを疑い始めました。

試しに違うケーブルを使ってみました。

その結果、直後は暗転は発生しなくなりました。

が翌日また暗転が発生してしましました。

原因が判明 こちらの記事に書きました。

 

KEIAN 4Kモニター KWIN-4K23BH まとめ

価格が安い

画面が綺麗

ケーブルが差込にくい

映像調整のメモリが1つしかない

音声はおまけ程度で考える

リモコンが使いやすい

3万円強で4Kモニターライフが実現できるので

総合的にはコスパが良くおすすめできます。

使い方としてchromecastのultraと組み合わせ

4K YouTubeテレビとしても使えるので

高画質をいろいろ楽しめるのではと思います。

耐久性についてはまだ購入してから10日くらいなので解りません、

今後しばらく使ってみて追記しようと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恵安 31.5型 ワイド 液晶 ゲーミング モニター 4K HDR対応 KWIN-4K32BH
価格:36500円(税込、送料無料) (2020/8/4時点)

楽天で購入

 

 

-モニター

© 2020 タケシの自分の経験を活かす!