iphoneバッテリー交換したらデータは消えるの残るの?

こんにちはガジェットやパソコンの修理などが趣味のタケシと申します。

バッテリー交換そのものではデータは消えません

iPhoneのデータは、USBメモリと同じく電源がなくてもデータが消えないフラッシュメモリを使っています。バッテリー交換でバッテリーを外しても中のデータは保存されています。

iPhone6のバッテリーを自分で5回ほど交換しましたが、データは消えませんでした。

Apple正規修理ではデータは消えるの残るの?

バッテリー交換作業ではデータは消えないのですが

Appleストアや認定修理店の受け付けページではデータを削除すると記載があります。

Apple正規修理受付ページにデータ削除の記載があります。↓↓


拡大↓↓↓↓

データ削除についてですが、消えない場合と消える場合があるようです。
絶対に消えるわけでは無いけど、バックアップされていない場合、何らかの問題があってデータが消えても保証は無いという意味だと思います。

ドコモ、ソフトバンク、auで交換する場合もApple修理に出すので同じ事になります。

Apple正規修理では、iPhoneを初期化しチェックをして、バッテリー交換に支障のある(画面のひび割れ、本体の歪み、水侵入など)がある場合、先にそれを直してからでないとバッテリー交換を受付できないとの事で、さらに高額な費用(本体交換30000円程度)がかかる場合もあるようです。

予約も面倒なようなので、簡単にバッテリー交換だけするには、Apple以外で交換する方が時間と労力の節約になり良いのかもしれませんね。

簡単予約でデータそのままで即バッテリー交換できる修理店↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

街にあるApple以外の修理店ではデータは消えるの残るの?

Apple以外の修理店では初期化作業をしませんのでデータはそのまま残ります。

Apple以外の修理店といっても、危ないお店ではありませんし、私自身自分でバッテリー交換や液晶画面の交換を失敗無くやっていますので、実績のあるお店であれば全く問題ないと思います。

Apple以外の修理店の選び方

口コミなどで好評の良い店

修理実績数の多いお店

iPhoneの修理は単純に部品交換なので、数をこなしている方が経験値が高く失敗する可能性が少なくなるからです。

一定期間保証が付いているお店

私も修理の仕事をしておりますが、部品には初期不良というのが付き物です。
どんなに完璧に部品交換しても、その時は正常に見えても数日~1ヶ月位してからダメになるという事も頻繁に発生します。

そういう事を考えると修理後保証が3カ月以上あると安心だと思います。

データを残しバッテリー交換を簡単にするにはApple以外の修理店

データを残してバッテリー交換したいならApple以外の修理店で実施するのが簡単だと思います。上でも書きましたが、Appleストアでは予約などが面倒で随分と時間がかかるようですからね。

保証終了後や2年以上使ったiPhoneは、バッテリーだけ交換してもらい、あと数年延命がお得ではないでしょうか。

自分は購入後4年目になるiPhone6のバッテリーを交換して、不自由なく使っています。
後 2〜3年は使おうと思っています。

iPhoneは結構高いので、使えるならできるだけ長く使いたいですよね。


自分のiPhoneはバッテリー交換で処理速度も速くなり快適になりました。

最新のIOS12にしたところさらに速くなった感じがします!

簡単予約でデータそのままで即バッテリー交換できる修理店↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

iPhoneのデータが消える可能性

修理中、本体が壊れてしまった場合などiPhoneが使えなくなることで、
データを見られなくなってまうという可能性がほんの少しですが考えられます。

バッテリー交換は簡単な作業なんですが

部品の年数による劣化(れっか)などが原因で端子が破損してしまったりする可能性が、ほんの少しですがが考えられます。

その為、修理では必ずデータが消えた場合の許諾サインを求められます。


データというのは元に戻せませんので、お金で解決できるものではありませんから業者も承認サインを取っているのです。

バッテリー交換は難しい作業ではありませんし、起動しなくなるという事もまずないと思います。
でも、100%絶対に問題が発生しないという保証ありません。

もし、落下させたり、水没させたり、修理中何らかの問題が発生して本体が壊れiPhoneが起動しなくったら
データそのものは消えなくても
データが見られなくなってしまうので
データが消えたと同じ事になりますね。

iPhoneといえば、写真や動画など自分で撮って保存してきたデータがたくさんある人も多いと思います。

バックアップをおすすめします

データは貴重な物なので必ずバックアップをしましょう。

主に写真や連絡先などが必要だと思います。

バックアップは自己責任です。

以下の方法でバックアップができます。

1、パソコンにiTunesでバックアップ

パソコンに写真、データーをバックアップできます。容量が空いていればiPhoneの全部をバックアップする事も可能です。

2、icloudでバックアップ

5G以上は毎月有料になりますが、icloudでバックアップする事もできます。

実際にやってみましたが、WIFI接続が必須なのと、バックアップ中iPhoneが熱くなるので、毎日だと本体の寿命(バッテリー)に影響を与えそうな気がします。

3、外部の保存用のメモリにバックアップ

これは一番お手軽な方法です。

外付けメモリにバックアップを取る方法です。

メモリを購入する必要がありますが、簡単なのでおすすめの方法になります。

4、NASにバックアップ

自宅に設置したネットワーク接続のハードディスクにバックアップを取る方法です。

↓のように見た目は外付けハードディスクですが、ネットワーク上に設置するとパソコンのように見えて、ドライブ共有で外付けハードディスクのように複数のパソコンやタブレットやスマホで使えます。

パソコンがなくてもハードディスクが使えるイメージです。
バックアップ用のアプリは無料でダウンロードして使えます。

5、Googleフォトでバックアップ(かなりおすすめ)

無料のGoogleフォトのアプリをインストールして写真や動画をバックアップできます。

スマホから容量無制限バックアップの場合、オリジナルより圧縮率は高くなります。

気になるほどの違いはほとんどないですが、どうしてもオリジナルの解像度を保持したい場合は保存数が無制限になりませんので別の方法にしましょう。

写真を大きく引き伸ばすのでなければ問題ありません。

バックアップした写真や動画はiPhoneから消すことができて、消しても、今まで通りにiPhoneですぐにみられる手軽さも変わらず、iPhoneの空き容量アップも簡単にできますので

iPhoneの容量が写真や動画でいっぱいの方にはGoogleフォトがおすすめです。

連絡先や端末の各種設定内容はicloudの5Gで無料バックアップして写真や動画はGoogleフォトにバックアップする事で完全無料でクラウド環境にバックアップできると思います。

ただし、個別アプリのデータや設定内容などは容量の関係でcloudの5Gでは容量不足で全部をバックアップできない場合があるので個別に確認する必要があります。

バックアップは大量のデータ通信が発生しますので容量無制限でWIFI接続でやりましょう。

パソコンやNASがないけどハードウェアにバックアップしたい

パソコンやNASが無いという人には、一番お手軽な3の外付けのバックアップ用フラッシュメモリがおすすめです。

専用のバックアップアプリがあり、そのアプリからバックアップをします。

iPhoneの容量が足りなくなった場合でも拡張ストレージとして写真を撮って保存する事もできますし、

iPhoneを紛失してしまった、水の中に落として壊れたなど不慮のデータ紛失に対して、今まで撮りためてきた写真や動画を安全にバックアップしておけます。

子供さんや恋人との写真など
二度と取り直しのきかない大事なデータですから、しっかりバックアップを取っておくのが安心だと思います。

外付けUSBメモリで写真や動画をバックアップ

ライトニングコネクタに接続して無料アプリでバックアップします。

それはこんな物です↓↓

容量32G↓

容量64Gは↓↓

以上のような外付けUSBメモリを物を使って、貴重なデータだけでもバックアップしておくと安心ですね。

紛失や、故障などでも、バックアップした時までのデータは復元できますから

毎月1回以上はバックアップすることをおすすめします。

簡単予約でデータを残し即日バッテリー交換できる修理店↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

データを消されずにバッテリー交換できる修理店の記事はこちらから