iphone バッテリー

iphoneのバッテリー交換でデータは消えるの残るの?消さない方法とは?

 

こんにちは

iPhoneのバッテリー交換でiphoneのバッテリーを交換するとデータはどうなるのでしょうか?

自分でバッテリー交換しましたがデータは消えません!

iPhoneのデータは、電源がなくてもデータが消えないフラッシュメモリを使っています。

iphoneのバッテリー交換でバッテリーを外してもデータは消えずに残ります。

実際に自分や家族のiPhone6のバッテリーを数回交換しましたが、データは消えませんでした。
 

Apple正規修理でバッテリー交換では消えないが、バックアップ必須

Apple修理店のページでは削除する+バックアップ必須と書いてあります。

アップルストアに確認した所、

本体の基板を交換しない場合はデータは消えないが、

バックアップは必ず取ってから修理に出して欲しいとの事です。


正規店ではバックアップは必須条件になっています。

ドコモ、ソフトバンク、auでバッテリー交換する場合でも

Appleに修理に出すので、同じ事になります。

Appleの正規修理では、本体の故障(画面のひび割れ、本体の歪み、水侵入など)がある場合、

その部分を修理してからでないと、バッテリー交換を受付できないということです。

画面割れなどの場合、高額な費用(本体交換30000円程度)がかかる場合もあるようです。

予約も面倒なので、保証の切れたiPhoneをバッテリー交換してあと2~3年位使いたいのであれば、

非正規の修理店でバッテリーだけサクッと交換する方が、
時間とお金の節約になるのではないでしょうか?

私も互換バッテリーで交換し1年以上使っていますが全く問題ありません。

 

簡単予約でデータそのまま、即日バッテリー交換OKなショップ↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

 

Apple以外の修理店ではデータ消えないがバックアップをおすすめ

Apple以外の修理店では初期化をしませんのでデータはそのまま残ります。

e正規以外の修理店といっても、きちんとしたお店を選べば正規修理と変わりはありません。

私も自分でバッテリー交換や液晶画面の交換を失敗無くやっています、実績のあるお店であれば、全く問題ないと思います。

Apple非正規部品もApple正規修理OKへ2019年2月28日より

2019年2月28日より、iPhoneが他社製のディスプレイやバッテリーを使用していても、

部品に破損などが無く修理上安全だと判断された場合はApple正規で有償修理が受けられるようになりました。


どういう事かというと、互換バッテリーに交換してあっても、

Apple正規でバッテリー交換や画面修理が可能になるという事です。

 

つまり、一時的に非正規の部品で直していても、

後から正規の修理で正規部品に再交換修理を有償で受けられるようになるという事です。


ですので非正規の近くの修理店で部品交換がしやすくなるという事になりましたので安心ですね。


ただし、交換後、正規修理可能な部品はバッテリーやモニターなど一部の部品で

ロジックボードやライトニング端子、他社製のタッチIDなどが交換してあると正規修理は受けられませんので、注意が必要です。

 

Apple以外の修理店の選び方

口コミなどで好評の良い店

修理実績数の多いお店

iPhoneの修理は部品交換なので、

数をこなしている方が経験が高く失敗する可能性が少なくなるからです。


一定期間保証が付いているお店

私も修理の仕事をしていますが、

部品には初期不良というのが付き物です。

どんなに完璧に部品交換しても、

その時は正常に見えても数日~1ヶ月位してからダメになるという事もけっこう多く発生します。

そういう事を考えると修理後に保証が3カ月以上あると安心だと思います。

データを残しバッテリー交換のみならApple以外の修理店が◎

データを残してバッテリー交換したいなら、

Apple以外の修理店で実施するのが簡単だと思います。


上でも書きましたが、

Appleストアでは予約などが面倒で随分と時間がかかるようですから。


保証終了後や2年以上使ったiPhoneは、

バッテリーだけ交換してもらい、あと数年延命がお得ではないでしょうか。


自分は購入後6年目になるiPhone6のバッテリーを交換して、不自由なく使っています。


あと2〜3年は使おうと思っています。(お財布にもやさしいですね)

iPhoneは結構高いので、使えるならできるだけ長く使いたいですよね。


自分のiPhoneはバッテリー交換で処理速度も速くなり快適になりました。

最新のIOS12にしたところ、さらに速くなった感じがします!

親切丁寧と口コミのデータそのままで即日バッテリー交換OKなショップ↓↓

iPhone修理、即日完了、データそのまま!

iPhoneのデータが消える可能性とは?

バッテリー交換中、本体が壊れた場合などiPhoneが使えなくなることで、

データを見られなくなってまうという可能性がほんの少しですが考えられます。


バッテリー交換は簡単な作業なんですが

部品の年数による劣化(れっか)などが原因で端子が破損してしまったりする可能性が、

ほんの少しですが考えられます。


その為、修理では必ず
データが消えた場合の許諾サインを求められます。


データというのは元に戻せませんので、お金で解決できるものではありませんから業者も承認サインを取っているのです。

バッテリー交換は難しい作業ではありませんし、起動しなくなるという事もまずないと思います。


でも、100%絶対に問題が発生しない
という保証ありません。

もし、落下させたり、水没させたり、

修理中何らかの問題が発生して本体が壊れiPhoneが起動しなくったら

データそのものは消えなくても

データが見られなくなってしまうので

データが消えたと同じ事になりますね。

iPhoneといえば、写真や動画などデータがたくさんある人が多いと思います。

現時点で写真や動画のバックアップはGoogleフォトの

圧縮バックアップが容量無制限で無料なのでおすすめです。

データを消されずにバッテリー交換できる修理店の記事はこちらから

-iphone, バッテリー

© 2020 タケシの自分の経験を活かす!