パソコン

起動ディスクのMBRをGPTにそのまま変換する方法(Windows10限定)

こんにちは、タケシです。

MYPCはWindowsVistaからアップグレードを繰り返し、

SSDでwindows10で利用しているのですが

 

起動時間を短縮するため、UEFI起動をする為、MBRをGPTにしようと思ったのですが

SSDをフォーマットしなおしてWindows10をインストールするのも大変面倒です。

そこで、そのまま起動できる方法でGPTに変換する方法がありますのでやってみました。

 

MBRパーティションをGPTへそのまま変換したい

MBRパーティションでは、最近主流になっている

UEFIでの起動が完全対応していないために遅くなってしまいます。

 

そこで、MBRをGPTに変換したいと思うのは当然ですよね。

色々なツールや有料のソフトウェアなどがあるようですが

 

こんな変換はおそらく一度しかしないので、

できれば無料でサクッと済ませたいと思いました。

 

MBRパーティションをGPTへそのまま変換する方法

1、Windows10をwindows 10 creators updateする

アップデートが終了すると、mbr2gptというコマンドが利用できるようになります。

このコマンドはMBRをGPTにそのまま変換してくれる機能を持っています。(^^

 

2、メインドライブをバックアップしておく

(何か不具合が生じた時にデータが無くならないようにしておく。)

 

3、コマンドプロンプトを起動(スタート-Windowsシステムツール-コマンドプロンプトを右クリックでその他-管理者として実行 で起動)

 

4、diskpart 実行

 

5、LIST DISK  実行(起動ドライブのディスク番号を確認 普通は0)

 

6、EXIT でdiskpartを終了

 

6、MBR2GPT /convert /disk:0 実行(起動ドライブが0の場合このコマンドで変換開始)

 

7、自分の場合、プリインストールではないので /allowFullOS を使うようエラーメッセージがでました。

 

8、MBR2GPT /convert /disk:0 /allowFullOS を実行で再度変換実行

 

9、あっという間に完了(数秒)

 

10、BIOSの起動設定をUEFIで起動するように設定 CSMがUEFIFIRSTに設定

 

12、BIOS内容を保存して再起動

 

あっけなくUEFI起動できました。

 

起動速度について

自分のマザーは古い物でASUSの P8H67M-PRO というUEFI初期のものですが

UEFIで起動はOKでした。

 

SSDでMBRの時は電源ON~ログイン画面まで35秒位かかっていましたが

GPTで起動すると25秒に短縮されました。

 

それでも同じ構成で10秒短縮となると結構速くなったと感じました。

最近のマザーであればさらに高速になる可能性が大なので

Windows7からアップグレードした方は変換して無料で起動高速化をしてみると良いでしょう。

 

このコマンドは簡単で速く実行できるので、大変助かりました。

私の使っている爆速安定SSDはこれです↓

 

それではまた

 

激安中古パソコンショップ

-パソコン

© 2020 タケシの自分の経験を活かす!